心身堂鍼灸整骨院・整体院腰痛ページ
心身堂鍼灸整骨院・整体院腰痛ページ

足底筋膜炎について

常に足の裏側や踵に痛みを感じたり、歩き始めた際の1歩目に強い痛みを覚えるといった症状を感じている場合は足底筋膜炎を発症しています。

足底筋膜炎とは踵から足の先の指に向って伸びている足底筋膜という膜に炎症が生じる事を指し、発症すると足底筋膜が存在している足の裏側全体に痛みが生じます。

足底筋膜炎の原因

足底筋膜炎を発症する方が最も多いのが激しく身体を動かすスポーツ選手であり、特に長距離を走り続けるランナーや試合中に繰り返し高くジャンプを行う方も生じやすいです。

また、スポーツをしていなくても日々長時間にわたり立ち仕事に従事している方も足底筋膜炎を発症しやすいのですが、立ち仕事によって発症するのは直立時の足の裏側全体に全体重がかかっている状態が継続している事が原因です。

加齢により発症する場合も

さらに加齢によっても足底筋膜炎が発症し、加齢の場合は筋力が低下する事によって踵に体重をかけた姿勢になりやすい様子が関係しています。踵に体重がかかっている後方重心の状態だと足底筋膜の起点に大きな負担が生じる事になるため、筋膜の柔軟性が損なわれてしまい痛みを感じるようになります。

発症予防

このような足底筋膜炎は筋膜の柔軟性を高める事が発症の予防に繋げられるのと同時に、重症化を予防する事にも繋げられるため、足の裏柄が伸ばせるような姿勢でストレッチを行うと良いです。

そして、立ち仕事などに従事している方の場合は厚さが厚めのインソールを使用すると体重が分散されるようになるので、足底筋膜炎の予防と解消に繋げられます。

まずは当院へお気軽にご相談ください!

これらの治療をしっかりと加えていくからこそ、心身堂鍼灸整骨院では多くの方が足底筋膜炎の悩みを解消されていくのです!

もし、あなたが今現在、足底筋膜炎の痛みで悩んでいるのであれば、泉大津・和泉市の心身堂鍼灸整骨院・整体院に是非ご相談ください。

心身堂鍼灸整骨院・整体院へのお問い合わせはこちら

  • 電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • LINE予約